低収入者のキャッシング

低年収でもキャッシングできる秘訣を教えます

キャッシングを申し込みたいけど、自分みたいな低所得者はとても無理だろう、と諦めている方が多いかと思います。よく低所得者、低収入という言葉を使いますが、とりわけキャッシング業界において低所得といわれるのは収入がどのくらいの人たちを指すのでしょうか。聞くところによると、一般的に年収200万円以下の人は低収入として扱われ、敬遠されると言われています。つまりは、月収を20万円を切る人たちですね。

当たり前の話ですが、低所得者の方は融資をしても支払い能力が所得の多い方に比べて劣ると考えられます。例え融資額が少ないとしても、収入が少ないため、膨らむ利子に返済が追いつかず、その結果、さらに別の借入をして、多重債務者となり、返済が滞ってしまう可能性が高いと見られるのです。では、こうした低所得者の方はどうしたらキャッシング可能なのでしょうか。

まず絶対にしてはいけないのは、いわゆる「闇金融」からキャッシングを受けることです。インターネットで検索すると、低収入でも融資をうけることができるという謳い文句を数多く目にしますが、その多くが貸金業者として登録していない「闇金融」です。わらにもすがる思いで、甘い誘いに応じたが最後、高利を返済することが出来ずに自転車操業、最後には自己破産ということになりかねません。

もっとも、200万以下でも絶対に融資をしてもらえないわけではありません。アルバイトや派遣社員として安定した収入があることをアピールすれば、審査に通る可能性はあります。もし、それでも難しければ、キャッシングという方法はひとまず諦め、収入を増やすように努力するか、あるいは自治体の公的サービス(生活保護など)を利用することも検討できるでしょう。

結局のところ、金融機関が低所得者に融資しないのは、借りる側を保護することにもなるのです。ですから、「どうしてダメなんだ!」と憤慨するよりも他の現実的な方法を考えたほうが賢明かと思います。