外国人のキャッシング

外国人のキャッシングって一体どうするの?

日本在住の外国人が増えるにつれ、外国人の方のなかにも日本でのキャッシングを考えておられる方がいらっしゃるかもしれません。以下に外国人のキャッシングが可能なのか、可能ならどのような条件が必要なのか、すこしご紹介してみたいと思います。

原則から申しますと、外国人の方のキャッシングも可能ということになっています。しかし、表向きのはなしと実質にはズレがあるのが実際のところと言わざるを得ません。なぜかといいますと、貸金業者からするならば、外国人にキャッシングして回収不能になるのを恐れているのです。彼らが一番恐れているのが、外国人に融資後帰国し、トンズラされることです。どこに言ってしまったのか突き止めるは大変な手間ですし、仮に探しだすことが出来たとしても、大きなコストを投入しなければ回収できない、ということになれば、金融業者も「世のため、人のため」に金融業を営んでいるわけではありませんから、そんなババは引きたくない、というのが正直なところでしょう。

逆に言えば外国人であっても回収可能であることを貸金業者に確信させることができるなら、この問題はクリアーできます。具体的には外国人登録証と1年以上のビザ、安定的な仕事と定期的な収入があれば、審査を申し込むことが出来るわけです。また日本での生活状況が安定的なものであるかどうかがその際に審査されます。

上記の事が考慮されたとしても、日本人の方に比べて、外国人の方にキャッシングするのはやや困難と言わざるを得ません。それでも、申し込む必要があるなら、長期のローンは避けたほうが良いでしょう。やはり彼らが心配するのは、外国人はいつ突然日本を離れてしまうかもしれない、という不安なのです。ですから、外国人の方には、これを外国人ゆえの差別などと誤解されないようにしていただきたいと思います。貸金業者としてはある意味当然のことをしているだけですから。