未成年のキャッシング

未成年の諸君へ!こうすれば君もキャッシング出来る!

若いうちは遊びに、買い物に何かとお金が必要なもの、本当はもらったお小遣いの範囲内で、あるいは自分がアルバイトをした収入の範囲内で、というのが筋ですが、でも、どうしてもお金がどうしても必要な時、未成年はキャッシングができるんでしょうか?

お金を貸す側から考えれば分かる話ですが、返済能力のない人にお金は貸したくありません。この点、未成年は一般的に安定的な仕事についていませんし、また判断能力も未成熟の場合が多いといえるでしょう。ですから、ほとんどの消費者金融、銀行は融資の対象者に年齢制限を設けており、未成年の人には融資をしないというのが大前提です。

では、未成年だったらどう頑張ってもキャッシングはできないのか、といいますと、一つ方法があります。それは「学生キャッシング」を利用する方法です。すべての金融機関ではありませんが、未成年であっても学生であればキャッシングができるサービスを設けています。もちろん、学生であることが条件ですから、学生証の提出が求められます。逆に言えば、もし、学生でなければ未成年でいかに高収入であっても当座や融資を諦めるしかなさそうです。それでもどうしてもお金が必要なら、両親や親族からお金を借りるくらいの方法しかないのかもしれません。

いずれにしても学生であれば未成年であってもキャッシングに申し込むことは可能ですが、当然審査に通って融資を受けることが出来るかはまた別の話です。アルバイトなどをしていて一定の収入があれば、融資を受けやすいかもしれませんが。

例えキャッシングが可能であっても、未成年の時から借金して問題を乗り切る、という方法が癖になることは決して良いことではないでしょう。未成年で時間もエネルギーもあるのですから、まずはあせらずにしっかりと稼いで、遊ぶなり、買い物をするなり、自分の夢を実現するなりしてください。